【AviUtl】万華鏡の使い方【アニメーション効果】

AviUtl拡張編集プラグインのエフェクトの1つである「アニメーション効果」の「万華鏡」の使い方ついて紹介します。

※gif動画を貼り付けまくっている為、ページが少々重いです

スポンサードリンク

万華鏡

オブジェクトの一部の素材を使用してい万華鏡のようなアニメーション効果を実現する事が出来ます。

アニメーション効果_万華鏡

中心X、中心Y

オブジェクトを万華鏡表示にする為のオブジェクトの一部の座標を設定します。右下の「表示位置確認」(表示位置確認)にチェックを入れる事で、△マークが表示されるので位置を確認しやすくなります。この△部分を何個にも重ねる事で「万華鏡」を実現するので、後述の「長さ」「回転」を変化させずとも万華鏡の模様を変化させる事が出来ます。

「表示位置確認」OFFの状態 「表示位置確認」ONの状態
万華鏡_XY 「中心X,Y」を調整する事で、
真ん中の△のマークを位置調整出来ます。
万華鏡_表示位置の確認

長さ

「表示位置確認」をONにした状態での「三角形」の大きさを事を指します。これ調整する事で見え方が大きく変わります。

デフォルト 長さ大
万華鏡_表示位置の確認 万華鏡_長さ

回転

「表示位置確認」をONにした状態での「三角形の大きさ」を事を指します。調整する事で見え方が大きく変わります。

万華鏡_回転

「長さ」と「回転」を適当に変化させた万華鏡例

サンプル画像が悪いので気持ち悪い感じになってますが、良い素材を使えばキレイな万華鏡になります。基本的には「回転」だけさせれば「万華鏡っぽく」なります

万華鏡_回転かつ長さも

設定

右下にある「設定ボタン」(設定ボタン)から更に詳細な設定をする事が出来ます。

万華鏡_設定

角数

1つの島(?)当たりに何個オブジェクトがくっつくかという事を設定出来ます。↓の例で言うと、角数「4」の方では、真ん中の島に4つの画像がくっついています(上下左右に1つずつ)

角数「6」の方でも同様に真ん中の5角形の島にオブジェクトが5つくっついている事が分かります。

角数「4」 角数「6」
万華鏡_角数4 万華鏡_角数6

繰り返し回数

オブジェクトが何個もくっついた島を、上下左右へ何回繰り返し表示するかという事を設定出来ます。最大数は「4」のようです。また、繰り返し数「3」以上からは縦方向には繰り返し表示しなくなります。(増やしても横方向にしか伸びない)

繰り返し回数「1」 繰り返し回数「2」 繰り返し回数「3」
繰り返し回数1 繰り返し回数2 繰り返し回数3

固定サイズ

万華鏡全体の矩形のサイズを指定出来ます。

固定サイズ

円形マスク

チェックを入れる事で「本物の万華鏡」みたいな円形の表示になります。

円形マスクON 円形マスクOFF
万華鏡_円形マスクON 万華鏡_円形マスクOFF

回転周期

チェックを入れる事で「万華鏡」全体が回転します。

回転周期ON 回転周期OFF
万華鏡_回転周期. 万華鏡_回転周期OFF.

※円形マスクをONにしないと不自然な感じになるのでONにしてます。

アンチエイリアス

アンチエイリアスのON・OFFが出来ます。ONにすると滑らかな仕上がりになります。

万華鏡と関係無いですが、外部スクリプトを使えば万華鏡っぽい何かを作れたりします

TAランダム配置(行)
TAランダム配置(行)

参考:さつき氏のスクリプトの使い方①【TA効果一覧】

スポンサーリンク