【AviUtl】円形配置の使い方【アニメーション効果】

AviUtl拡張編集プラグインのエフェクトの1つである、

アニメーション効果」の「円形配置」の効果について紹介します。

スポンサードリンク

円形配置

オブジェクトを円状に配置する事ができるアニメーションです。

アニメーション効果_円形配置

円周

オブジェクトを円周に配置する際の円周の長さを指定します。

例えば

  • 「100」と指定した場合:
    →1円周上に、「設定」で指定した数分のオブジェクトが均等に配置される
  • 「200」と指定した場合:
    →2円周上に「設定」で指定した数分のオブジェクトが均等に配置される

という感じになります。

円形配置_画像 円形配置_テキスト1 円形配置_テキスト2
▲画像オブジェクトの例 ▲テキストオブジェクトの例
(「文字毎に個別オブジェクト」:ON)
▲テキストオブジェクトの例
(「文字毎に個別オブジェクト」:OFF)

半径

円状に配置する際の半径を指定できます。

円形配置_テキスト1 円形配置_テキスト_半径
▲半径:大 ▲半径:小

回転

円周上に配置したオブジェクトを回転させる事ができます。

  • +:時計回り
  • ー:反時計回り

以下は反時計回りです。

円形配置_画像_回転 円形配置_テキスト_回転
▲画像オブジェクト例 ▲テキストオブジェクト例

ずらし

この項目はカメラ制御を使用する場合のみ、効果を発揮します。

円周上に配置したオブジェクトの1つ1つをZ軸上にずらしていきます。
(分かりづらいと思うので画像を見てください↓)

円形配置_ずらしなし 円形配置_ずらしあり
▲ずらし:0 ▲ずらし:100

イメージ的には

「スパイラルリング」みたいな感じでオブジェクトがZ方向に伸びていきます↓。
スパイラルリング

水平配置

この項目はカメラ制御を使用する場合のみ、効果を発揮します。

円形配置を

Z軸中心からY軸中心に変更します。

円形配置_ずらしなし 水平配置
▲水平配置:OFF ▲水平配置:ON

設定

右下にある「設定ボタン」(設定ボタン)から更に詳細な設定をできます。

円形配置_設定

円周上に配置するオブジェクトの数を指定します。

例えば、画像オブジェクトで「8」とした場合、同じ画像オブジェクトが8つ、「円周」で指定された長さ上に均等に配置されます。

円形配置_数
▲数:8

向き反転

「水平配置」をONにしていた場合、文字が内側を向くようになります。

OFFの場合は、時計回りに配置されていたオブジェクトが反時計回りに変わります。(Z軸手前から見て)

円形配置_反対 円形配置_反対1
▲水平配置:OFF ▲水平配置:ON

水平配置の段落の画像と比較してみてください。

回転なし

円周上に配置されたオブジェクトは通常、円の中心を下にして配置されますが、

「回転なし」にチェックを入れると全てZ軸手前側を向くようになります。

円形配置_回転なし 円形配置_回転なし2

また、(当たり前ですが)Y軸などを回転させる事で文字の向きを変える事ができます↓。

円形配置_Y軸回転

関連外部スクリプト

このページの情報は以上です。