DRMとは?コピーコントロールとアクセスコントロールの違い【コピー制御・アクセス制御】

DRM(デジタル著作権管理)における「コピーコントロール」と「アクセスコントロール」の違いについて自分用のメモ。

この記事を書いてる人は法の専門家ではないので、間違った解釈をしている可能性が有ります(最終的には全て自分自身で判断して下さい)
スポンサードリンク

DRMとは?

s-drm

DRMは、「”著作物”を守る為の著作権保護技術」全般のことを指します。

”技術全般”なので、一言でDRMと言っても色々な種類のDRMが有ります。

ソフト面で言えば、

  • CSS
  • AACS
  • Cinavia
  • CCCD
  • CCI
  • CPRM(コピーフリー、ダビング10、コピーワンス、コピーネバー等)
  • ファイル単位のDRM
    • FairPlay(.m4p)
    • Windows Media DRM(.wma、.wmv .asf)
    • Marlin DRM(.mnh)
    • OMA DRM(.oma)
    • Adobe LiveCycle(.pdf)
    • 電子書籍系DRM
      • Kindle DRM(.azw .mobi)等
      • 楽天Kobo(.epub)
      • ・・etc
  • ストリーミング系のDRM

などがDRMに含まれます。

※正確に言えば、CSS・AACS・Cinaviaなどは「コピーガード」の括りになるのでDRMとは呼べないのですが、説明の都合上、DRMとして紹介します。。

また、ハード面で言えば、

  • HDCP
  • DTCP(DTCP-IP)
  • B-CAS(CGMS)

などが含まれます。

あと、広義の意味で言えば、

  • ドングルキー
    • 最近のパソコンソフトで良く使用される認証の形。USBを挿す事でソフトのDRMを解除する仕組み。(Auto CADとかそう)
  • アクティベーション
    • シリアルキーを入力したり、パソコン構成から一意に特定出来るナンバーを作って、ネット経由でソフトのDRM解除を行う仕組み。

などもDRMと呼べます。

DRMの分類

先述のように、色々な種類があるDRMですが、これらは全て以下の2種類に分類する事が出来ます。

  • コピーコントロール
  • アクセスコントロール

drm_copy

コピーコントロールとは?

コピーコントロール(コピー制御)は文字通り、コピーを制限するための技術を指します。

例えば、地上デジタル放送は「ダビング10」というコピー制御情報(CGMSって言う)も一緒に付加して、電波として流しています。

これをコピーしようとしても、1世代までならコピー可能ですが、孫コピーになると制御が掛かってコピー自体出来ません。(DVDの場合はCPRM対応のものじゃないと1世代のコピーさえ出来ない)

こういう風に「コピー自体を制限する技術」の事をコピーコントロールといいます。

○コピーコントロールの例

  • CPRM(CGMS)
  • CPPM ※アクセスコントロールでもある
  • CCCD
  • DTCP(DTCP-IP)※アクセスコントロールでもある
  • マクロヴィジョン方式
  • カラーストライプ
  • CCI
  • ・・etc

など。

アクセスコントロールとは?

アクセスコントロール(アクセス制御)は、コンテンツ自体を暗号化(スクランブル化)し、視聴を出来なくする技術を指します。

例えば、ブルーレイにはAACSというアクセス制御が使用されていますが、ブルーレイの中にある動画ファイル本体(.m2ts)は、AACSが掛かったままでも普通にファイルとしてコピー出来てしまいます。

こういう風に「コピーは出来るけど、中身を暗号化して視聴出来なくする技術」の事をアクセスコントロールといいます。

○アクセスコントロールの例

  • CPRM(CGMS)※コピーコントロールでもある
  • CPPM ※コピーコントロールでもある
  • CSS
  • AACS
  • Cinavia
  • HDCP
  • DTCP(DTCP-IP)※コピーコントロールでもある
  • ファイル単位のDRM
  • ストリーミング系のDRM
  • ・・etc

など。

それぞれの違いは?

一言で言うと、

  • コピーコントロール:コピーさせない
  • アクセスコントロール:視聴させない

です。

002-1-05
引用:文化審議会 著作権分科会 法制問題小委員会(第6回)議事録[資料2]

これらを回避するのは違法?

コピーコントロール」を回避するのは違法ですが、「アクセスコントロール」を回避するのは違法では有りません。

ただし、「アクセスコントロール」を回避した上で、コンテンツ自体をコピー(私的複製)するのは違法となります。

つまりまとめると、

  1. アクセスコントロール」なDRMの解除           =合法
  2. アクセスコントロール」なDRMの解除+コピー(リッピング)=違法
  3. コピーコントロール」なDRMの解除            =違法
  4. コピーコントロール」なDRMの解除+コピー(リッピング) =違法

※「違法=著作権侵害」の事を指します

と風な感じになります。

つまり、DRMの種類によって合法にもなるし違法にも成り得るという事です。

また、

  • アクセスコントロールの解除出来るソフトを配布
  • コピーコントロールの解除出来るソフトを配布

なども日本では違法となります。

つまり、”日本”ではDRMを解除出来るソフトは入手出来ないという事です。

ただし、”日本”だけの話なので、”海外”でDRM解除ソフトで配布しても違法では有りません。(海外サーバーから配布すれば問題ないという事)

あと、ここで勘違いしてはいけないのが、「DRM解除ソフトを配布するのは違法だけど、DRM解除出来るソフトを使用するのは違法ではない」という点です。

ややこしいですが、頭の中できちんと整理すれば簡単です。

※ちなみに2012年10月1日以前は、「アクセスコントロール」は「技術的保護手段」の対象ではなかったので、2.についても合法だった(「技術的保護手段」ではないので、著作権法第30条の「私的使用のための複製」に当てはまる為)のですが、「著作権法」の改正により違法になりました。

参考:平成24年10月から著作権法が変わります【政府広報オンライン】

アクセスコントロールとコピーコントロールに関わる法律について

それぞれのコントロールに関与する法律は以下の2つです。

「不正競争防止法」については、「アクセスコントロール」と「コピーコントロール」の両方に該当します。

「著作権法」については、「コピーコントロール」にのみ該当します。

図にすると以下の様な感じ。

関与_法律_drm

著作権法 第30条 第1項 第2号では、「技術的保護手段の回避」自体を禁止しているので、著作権法では、DRMを回避した時点で違法となります。

しかし、不正競争防止法では、第1項第10号で「コピーコントロール」について、第1項第11号で「アクセスコントロール」について定められているのですが、どちらの項にも、

他人が特定の者以外の者に影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行又は影像、音若しくはプログラムの記録をさせないために営業上用いている技術的制限手段により制限されている影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行又は影像、音若しくはプログラムの記録(以下この号において「影像の視聴等」という。)を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする機能を有する装置(当該装置を組み込んだ機器及び当該装置の部品一式であって容易に組み立てることができるものを含む。)若しくは当該機能を有するプログラム(当該プログラムが他のプログラムと組み合わされたものを含む。)を記録した記録媒体若しくは記憶した機器を当該特定の者以外の者に譲渡し引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、若しくは輸入し、又は当該機能を有するプログラムを電気通信回線を通じて提供する行為

引用:http://www.houko.com/00/01/H05/047.HTM#002

と記載されています。

つまり、不正競争防止法では、DRM解除出来るソフトを配布する事は禁止していますが、DRM解除する事自体は禁止していないのです。

なので、「アクセスコントロール」なDRMを解除しても違法にはならないのです。

2012年に行われた著作権法の改正では、今までは「アクセスコントロール」なDRMを解除してリッピング(コピー)するのもOKだったけど、「アクセスコントロール」を解除してリッピングするのだけは違法にしよう!ということになったのです。

リンク先引用文:

「平成24年10月1日からは、個人的な利用を目的に行う場合であっても、DVDのコピー防止機能を解除して、自分のパソコンに取り込むこと(いわゆる「DVDリッピング」)は、刑罰の対象ではありませんが、違法となります。」

なので、「アクセスコントロール」を解除するの自体は違法じゃないけど、「アクセスコントロール」を解除してリッピングするのは違法になったというわけです。

TS抜きは違法じゃないの?

TS抜きは、コピー制御(CCI)を”回避”しているじゃなくて、”無視”しているだけなので、違法では有りません。

参考:TS抜きは違法?メリット・デメリットについて

まとめ

1.DRMの種類によっては、DRM解除する事自体は違法ではない

2.DRM解除すると、どのような場合であってもコピー(リッピング)すると違法になる(私的利用目的であってもダメ)

おわり

関連ページ:DRMを解除する方法まとめ【デジタル著作権管理】

関連ページ:色々なコピーガードを解除する方法まとめ【AACS・CSS・CPRM・Cinavia・HDCP】

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク