AACSとCSSとCPRMの違い【コピーガード】

物理ディスク(DVD,BD)のコピーガードに使用される、

  • AACS
  • CSS
  • CPRM

の違いについて簡単に解説します。

スポンサードリンク

コピーガードする物理ディスクの違い

まず、これらはコピーガードするメディアが違います。

  • AACS(BD
  • CSS(DVD
  • CPRM(DVD

AACSはBDのコピーガードです。市販・レンタル品のBDに使用されています。

CSSはDVDのコピーガードです。市販・レンタル品のDVDに使用されています。

CPRMもDVDのコピーガードですが、これは地上デジタル放送の「ダビング10」というコピー制御(このコピー制御の仕組みの事を「CGMS」、コピー制御信号の事を「CCI」って言う)の付いた番組(動画)を、DVDにコピー(ダビング)するのに使用されるコピーガードです。

※地デジに移行する際、「地デジの著作権保護の為に放送にコピー制御を付けよう!ってなったのですが、DVDのコピーガードであるCSSは既に破られてしまっていたので、代替となるコピーガードとしてCPRMが作れました

なので、CPRMは「BDレコーダーに保存した地上デジタル放送の番組をDVDにダビングしたい!」って言う場合以外は使用しません

※CPRM対応のDVDには「CPRM対応」とか「デジタル放送対応」とか「地デジ対応」とか書かれてます。
bbf43201

フォーマットの違い

記録するフォーマットは以下のように違います。

※BDMVとかBDAVの違いについては以下記事参照です。
BDMV(BD-Video)とBDAVの違い【ブルーレイ】

※DVD-VideoとDVD-VRの違いについては以下サイトの記事が上手くまとまっています。
DVD記録方式の違い(ビデオモードとVRモード)[DVDレコーダーの録画再生]

「BDMV」は市販・レンタル品のBD、「BDAV」はBDレコーダーとかでダビングした際のフォーマットです。

「DVD-Video」は、市販・レンタル品のDVDに使用されています。あと、パソコンでDVDを作ったりしてもこのフォーマットで作成されます。(DVDを作る事をオーサリングと言う)

「DVD-VR」は、DVD・BDレコーダーで言う所の「VRモード」の事です。「DVD-Video」と比較して、録画の自由度が高いのが特徴です。

コピーガードの種類の違い

全てのコピーガードは、

  • コピーコントロール
  • アクセスコントロール

の2種類に分類する事が出来るのですが、このうち「AACS」と「CSS」は「アクセスコントロール」です。
「CPRM」は「コピーコントロール」と「アクセスコントロール」の両方に該当します。

両者の違いを一言で言うと、

  • コピーコントロール:コピーさせない
  • アクセスコントロール:視聴させない

です。

「AACS」「CSS」の掛かったDVD・BDの中身は.vobや.m2tsですが、ファイル自体をコピーする事は出来ますよね。なので「アクセスコントロール」に該当します。

「CPRM」は1世代コピーなら可能ですが、2世代コピー(孫コピー)になるとコピーガードによりコピー自体出来ません。
しかもDVDの場合はCPRM対応のディスクじゃないと1世代コピーすら出来ません。あとコピーしたとしても、CPRM対応のDVDドライブじゃないと再生する事も出来ません。

なので「コピーコントロール」と「アクセスコントロール」の両方に該当するというわけです。

あと、著作権侵害的な違いですが、

  • コピーコントロール:解除するだけで違法
  • アクセスコントロール:解除してコピー(リッピング等)したら違法

となります。

※「コピーコントロール」と「アクセスコントロール」の詳しい違いについては以下記事参照です

参考ページ:コピーコントロールとアクセスコントロールの違い【コピー制御・アクセス制御】

このページの情報は以上です。

関連ページ:BDディスクのAACSを解除できるおすすめソフト4選

関連ページ:AACSとは?BDのコピーガードの仕組みを簡単に解説

関連ページ:色々なコピーガードを解除する方法まとめ【AACS・CSS・CPRM・Cinavia・HDCP】

スポンサーリンク

フォローする